な、なんだってー!ソフトバンクのiPhone下取りサービスに「待った」

ソフトバンクの旧型iPhone下取りサービスが、古物営業法の無許可営業に当たる恐れがあるとして、警視庁がサービスの中止を求める指導をしていたことが24日にわかったそうです(読売オンライン)。

 21日に発売された新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)5」を巡り、ソフトバンクモバイル(東京)が全国の販売店で行っている旧型アイフォーンの下取りサービスが、古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがあるとして、警視庁がサービスの中止を求める指導をしたことが24日、分かった。

ソフトバンクは下取り方法を見直す(グループ会社のソフトバンクテレコム(=古物商認可あり)が下取りを行う)事で対応するそうですが、どうなるでしょうか。詳しくありませんが、古物商の資格って中古品売買を行うための基本的な資格だと思うのでこんな基本的なところの対応に抜けがあったのは驚きました。

スポンサーリンク