週末のお楽しみ。今週のKindle本セールは「幼年期の終り」を狙え

Kindle

週末はKindle本セールのコーナーを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。いまのところ電子書籍の通常価格はあんまり安いとは思えませんが、セール本のコーナーは結構安くなるので買ってみようかなという気になります。今週気になった本をあげてみたいと思います。

■幼年期の終り
今週のお勧めはまず「幼年期の終わり」ですね。アーサー C クラークの超有名SFです。実は過去SF名作懐疑派なんですが、おさえるところはおさえとかないとという気も。買おうかな。

■幕末入門
鳥羽・伏見の戦いで幕府軍がもうちょうっと頑張ってたら江戸時代はもっと続いていたのか?というところが知りたい。値段も安いしひまつぶしになりそう。

■グラップラー刃牙 1巻
記念すべき1巻。いろんなところに影響与えまくりの漫画なので押さえときたい。

■僕と日本が震えた日
311にかんする鈴木みそ氏の漫画。アンタッチャブル世代は気になりますよね。

■男!日本海 1巻
表紙だけみたら、旅先の港町で素朴な人々とふれあっていくほのぼの旅情漫画みたいなんですが、検索してみたら全然ちがうことがわかりました(汗。こういうのセールしちゃうAmazon先生にあこがれる!!

スポンサーリンク