今、スーパーレアなNESソフト「Nintendo World Championships」が熱い

NewImage

Nintendo World Championships」と呼ばれるスーパーレアなNES(米国版ファミコン)のソフトがeBayに出品され、日本円で1000万円を超える価格で落札されて話題になっています(eBayHacker Newsare technicsGIGAZINE)。

結局1000万円の落札は「子供がいたずらしたから」という理由でキャンセルされたらしいのですが、同ソフトの価値に注目があつまり、eBayに出品が続く状態へ(現在ゴールドバージョンも出品されています)。

116本の価値

ゲームの内容は「Super Mario Bros」、「Rad Racer」、「Tetris」の早解きを目指すという、大会向けの珍しい内容ですが、高額で落札される最大の理由は、ずばり、希少性にあります。任天堂が1990年に開催したファミコン大会で勝者に送られたもので世界中で116本しか存在しないからです(90本はグレーでシリアル番号入り。26本はゴールド)。

日本にも激レアファミコンカセットは存在しますが、これはちょっとスケールが違いますね。さすが全米。お金に余裕のある方は落札してみてください(ちがうか)。

スポンサーリンク