コスパ最強の電動歯ブラシ「ソニッケアー イージークリーン」を購入

IMG 1823

長年愛用していた電動歯ブラシ「ソニッケアー エリート」がついに故障したので、ソニッケアー イージークリーンに買い換えました。

買い換えるにあたって、一番高いモデルである「ダイヤモンドクリーン」にすべきかどうかかなり悩んだのですが、

  • コップ充電器より普通の充電器のほうが使いやすそう。
  • 高いモデルはモードがたくさんあるだけで、クリーンモードの洗浄力は同じらしい。
  • 最近のモデルは替えブラシ側にモーターがないので、モーターが劣化したら本体ごと買い替えになりそう。

ということで、割りきって一番安いイージークリーンを選択しました。ダイヤモンドクリーンは2万ぐらい、イージークリーンは5千円ぐらいなので圧倒的にお得ですし。

モデルの選択: そもそも何が違うのか

結局イージークリーンを購入したのですが、購入前にいろいろ調べたのでまとめておきます。
Sonicare

ソニッケアー機能比較表によると、現在のソニッケアーモデルは大きく分けて以下の4種類に分かれています(上にあるものほど高価)。

  • ダイヤモンドクリーン
  • フレックスケアー
  • ヘルシーホワイト
  • イージークリーン

各モデルの違いは、ずばり歯磨きモードの多さの違いです。最上位機種のダイヤモンドクリーンには、クリーン、センシティブ、ホワイト、ポリッシュ、ガムケアといったモードがありますが、イージークリーンにはクリーンモードしかありません(中位機種はその中間)。

ぱっと見、最下位機種のイージークリーンは機能が少なすぎて使い物にならないような気がしますが、普通に歯を磨く主力モードであるクリーンモードは全機種共通です。つまりクリーンモードしか使わない場合モデル間の差はないといえます。

外観など

IMG 1824

安くてもちゃんとした箱に入ってます。ひょっとしたら簡易包装的なものかもと思いましたがそんなことはありませんでした。保障期間も2年あります。

IMG 1826

充電スタンドに建てたところ。超シンプルです。

IMG 1832

LEDもひとつだけで分かりやすい(汗

IMG 1830

充電スタンド。コンパクトです。洗面台に置いても邪魔にならないです。

まとめ

実際に使ってみたらすごく普通に使えました。振動も強すぎず、弱すぎずいい感じです。以前のバージョンのソニッケアを使っていた人も違和感なく移行できるかと思います。ミニブラシも一緒に注文したので、付属している、普通サイズブラシがだめになったら交換する予定。

ソニッケアーというと電動歯ブラシの中でも結構高いイメージがありましたが、これくらいの値段で上位機種と同じ洗浄効果が期待できる機種が使用できるのはとてもよいと思います。オススメです。

今回購入した組み合わせ。お金持ちはダイヤモンドクリーンをどぞー。

ダイヤモンドクリーン/歯科医院専売というのもありますが、こちらは保証規定がはっきりしないので購入するのはやめました。購入する場合はかかりつけの歯医者さんから買うのが良いのかも。

スポンサーリンク