はやりの技術がまるわかり「Technology Radar 2013年5月版」

Technology Radar

マーティン・ファウラーが所属することで有名なThoughtWorksという会社が発表している技術トレンド最新版「Technology Radar May 2013」が公開されています(PDF版)。

この資料は、テクニック、プラットフォーム、ツール、言語&フレームワークの4つの分野に関して、Adopt、Trial、Access、Holdな技術を教えてくれるもので(おすすめ順にAdopt > Trial > Access > Hold)、移動したものは▲、動かないものは●で表示されています。

言語とフレームワーク

例えば分かりやすそうな、「言語とフレームワーク」を見るとこうなってます。
Language 1

Adopt

  1. Clojure
  2. CSS frameworks
  3. Jasmine paired with Node.js
  4. Scala
  5. Sinatra

Trial

  1. CoffeeScript
  2. Dropwizard
  3. HTML5 for offline applications
  4. JavaScript as a platform
  5. JavaScript MV* frameworks
  6. Play Framework 2
  7. Require.js & NPM
  8. Scratch, Alice, and Kodu

Assess

  1. ClojureScript
  2. Gremlin
  3. Lua
  4. Nancy
  5. OWIN
  6. RubyMotion
  7. Twitter Bootstrap

Hold

  1. Backbone.js
  2. Component-based frameworks
  3. Handwritten CSS
  4. Logic in stored procedures

Adoptのところ、Clojureとか、Scalaとか入っていますね。メジャー系言語が入ってないのは謎です。

まとめ

選定基準がよくわからないところもありますが(PDFに書いてあるのかな?)、技術を採用するときに迷っているなら参考になりそうですね。過去分もダウンロードできるので比べると流行り廃りも一目瞭然です。

スポンサーリンク