ヤマザキマリ「スティーブ・ジョブズ(1)」読了

NewImage

ステーブ・ジョブズの伝記漫画「スティーブ・ジョブズ(1)」を読みました。Apple誕生前の青年期ということもあり、知らないことばかり書かれていて興味深く読むことができました。

例えば、ブルーボックスという電話のハッキングマシンを売りさばいたり、Atariに入って即上から目線で同僚と関係が悪化したり、ヒッピースタイルでインドにいってみたりといったエピソードが描かれています。

若かりし日のスティーブ・ウォズニアックが癒し系として登場したのも良かったです。ジョブズがかなりエッジが効いた人なので、ウォズニアックで中和されてちょうどいい感じになってました(ジョブズより、ウォズニアック派という人も多いでしょう)。

次も出たら買いたいけど全何巻になるんでしょうかね。それだけが気がかりです。

スポンサーリンク