3Dプリント銃の設計図がアメリカ政府の要望で削除される

NewImage

最近話題になっていた3Dプリンターで印刷することができる銃の設計図が、アメリカ政府の要望により公開停止になったようです(defcad.orgTechCrunch日本版)。

3Dプリンターで作られた銃は、金属探知機で探知できないように作ることが可能という問題があるため、このまま設計図が拡散するのを見逃すことはできなかったということでしょうか。既に、相当ダウンロードされているみたいですけど政府期間の決定としては迅速な判断だといえるかも。

普通に弾丸が発射できてます。

スポンサーリンク