【WSJ】AirPodsの発売の遅れは、イヤーピースが同時に音声を受信できるようにするため?

Apple airpods1

Appleの新型ワイヤレスヘッドフォン「AirPods」。もともと10月の終わりに発売される予定でしたが、その後Appleの「もう少し時間が必要」というコメントとともに延期され、現在に至るまで発売されていません。

発売が遅れている正確な理由は不明ななか、WSJはAirPods発売延期の理由が、Appleが言うところの「ワイヤレスヘッドフォンの新しい境地を切り開く努力」に関連しており、ユーザーがイヤーピースの一つをなくしたとき、あるいはバッテリーがなくなったときに発生する問題を解決する必要があるためだと伝えています(MacRumors)。

通常のワイヤレスヘッドフォンは片方のイヤーピースで信号を受信し、もう一方のイヤーピースに信号を伝送する仕組みとなっているのに対し、AirPodsはそれぞれのイヤーピースで独立して信号を受信する仕組みとなっているようです。

Apple has said AirPod earpieces each receive independent signals from an iPhone, Mac or other Apple device. But Apple must ensure that both earpieces receive audio at the same time to avoid distortion, the person familiar with their development said. That person said Apple also must resolve what happens when a user loses one of the earpieces or the battery dies.

そのため音の歪みをさけるために音声を同時に確実に受信できるようにする必要があり、加えてイヤーピースの片方がなくなったり、バッテリーが使えなくなったりしたときの問題にも対処する必要がある模様。

ただしAppleブロガーのJohn Gruber氏は、延期の理由は技術的なものではなく、製造上の問題を解決するためだろうと指摘しています。

It makes more sense to me that Apple has run into a manufacturing problem, not that they discovered a design defect after they were announced.

どちらにしても早く登場してほしいところです。

スポンサーリンク