新型AirPodsの2機種が今年の後半に発売か

Apple airpods1

Apple関連の著名なアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開し、Appleがはやければ2019年の第4四半期に新型AirPodsを2機種発売する可能性があると主張していることが判明しました(MacRumors)。

新型AirPodsは2019年の第4四半期から2020年の第1四半期にかけて量産が始まり、Luxshare、Goertek、Amkorが主要なサプライヤーになる見込みです。

新型は全く新しいフォームファクター設計を採用した高価格なモデルと、従来と同じ価格のバージョンアップ版となり、内部設計が現行の"SMT+RFPCB"からSiPに変更されることで、製品の歩留まりの向上や内部スペースの節約、コストの削減が達成されるとの予想です。

We expect Apple will likely launch two new AirPods models in 4Q19 at the earliest. One is the all-new form factor design at a higher price. The other's outlook and price will be the same as the current model's. A common internal design factor of these two new AirPods will be to abandon the current "SMT+RFPCB" design and change to adopt the SiP design instead for improving assembly yield rates, saving internal space and reducing cost.

Appleは先月に第2世代のAirPodsを発売したばかりですが、この予想が本当ならばかなり早いペースで新製品が投入されることになります。

スポンサーリンク