Appleの致命的ミス?片方だけ交換したAirPodsが使用できなくなる問題が報告

Airpodsdesign

AppleでAirPodsの片方だけを交換したユーザーが、一般に公開されていない「2D3」ファームウェアを搭載したAirPodsを交換品として受け取り、AirPodsを使用できなくなるという問題が報告されている事がわかりました(MacRumors)。

MacRumorsフォーラムRedditに投稿された情報によると、AirPodsをペアリングするためには、両方のファームウェアが同じバージョンになっている必要があり、片方が2D3に更新されてしまうと、もう一方とバージョンが揃えることが出来ず、結果としてAirPodsが使用できなくなるとのことです。

今回の問題は、主に第二世代のAirPodsで発生しているようですが、一部AirPods Proも影響している模様。問題の解決のためには2D3ファームウェアが正式公開される必要がありますが、正式版がいつ公開されるか現段階は不明です。Appleは問題回避のため、一部ユーザーに対し古いファームウェアを搭載したAirPodsと交換する処置も行っているとのことです。

スポンサーリンク