【噂】Appleの次世代「A9」チップはSamsungが100%受注か?

A9

Appleが来年発表する「iPhone 6s」や新型「iPad」に搭載される次世代「A9」チップは、100%Samsung製となるかもしれません。韓国のElectronic TimesはSamsungが米国Austinのプラントで、14nm FinFETプロセスを使ったA9チップの生産を開始したと伝え、話題となっています(The Verge9to5Mac)。

According to industry insiders on December 11, Samsung Electronics began production of Apple’s A9 in the Austin plant in the US using the 14nm FinFET technology. Samsung has production lines capable of FinFET process production in Austin, US and Giheung, Korea, but began to produce A9 only in Austin as it is in the initial stage.

この情報は12月11日、業界内部の情報源から入手したもの。米国のAustinと韓国のGiheungにA9チップの生産ラインが存在していて、まずはじめにAustinでA9チップの生産を開始するとも伝えています。

現段階でライバルのTSMCは、来年用に16nmプロセス採用のチップを生産する計画なので、(この噂が本当ならば)Appleが最新チップを利用したい場合、供給元はSamsungに限定されることになるのかもしれません。

スポンサーリンク