【KGI】AppleとHuawei、Galaxy Note 7の生産中止によって漁夫の利か

Note 7

著名なKGI証券のアナリストMing-Chi Kuoが、サムソンのGalaxy Note 7の生産中止によって、AppleとHuaweiの2社が最も恩恵を受けることになると予想する新たなレポートを公開したことがわかりました(MacRumors9to5Mac)。これら二つの企業にはデュアルカメラを搭載したスマートフォンが存在し、Note 7の乗り換え先候補として有力視されています。

Kuo氏によるとNote 7のトラブルによって最も恩恵を受けるのはAppleで、2016年内のNote 7の出荷数として予想されていた1200〜1400万ユニットのうち、500〜700万がAppleのiPhone(主にiPhone 7 Plus)に流れるだろうとのこと。

Consumers that have switched from Note 7 to iPhone after the recall and halted production can be identified as having the following characteristics: (1) no trust in the Samsung brand anymore; (2) could be former iOS users; (3) like dual camera feature; and (4) like the subsidy packages of telecom operators (iPhone 7 and 7 Plus were the most promoted flagship models in September).

iPhoneが選ばれる理由としては、サムソンブランドへの信頼性の低下や、以前iOSを使っていたユーザーが存在すること、デュアルカメラレンズの魅力、電話会社からの補助金の存在などがあげられています。

2番目に利益を得るのはHuaweiで、主に中国や欧州で新たな顧客の獲得が見込まれているそうです。今年の秋に発売される Mate 9は、Androidを搭載した、Note 7の代替機としてとても優れているとのこと。

Kuo氏は今回のNote 7の生産停止の影響は長くは続かないだろうとしながらも、2017年Q1に発売されるGalaxy S8が失敗するようなことがあれば、サムソンブランドにとって致命傷になるだろうと警鐘を鳴らしています。

スポンサーリンク