【Kuo】AppleがiPhoneと連携するARヘッドセットの製造を今年の年末頃から開始すると予想

Ar glasses

Apple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開し、Appleが2019年第4四半期から2020年第2四半期にかけて、ARヘッドセットの製造を開始すると予想していることがわかりました(MacRumors)

Kuo氏によると、AppleのARヘッドセットはiPhoneのアクセサリーとして販売され、ディスプレイの役割のみを提供するとのこと。計算処理やネットワーク接続、位置情報の提供などはiPhoneが担当すると見込まれています。iPhone用アクセサリとしてARヘッドセットを設計することで、スタンドアロンタイプよりもヘッドセットをスリムで軽量に保つことができることが期待できます。

2017年11月にBloombergは、Appleが2020年に発売を目指してARヘッドセットを開発中で、ヘッドセットには"rOS(reality operating system)"と呼ばれるiOSベースのカスタムOSが搭載される予想していました。ARヘッドセットもApple Watchのような連携型システムとしてまずは登場することになるのかもしれません。

スポンサーリンク