HomePodの販売低迷

Homepod mesh 800x471

Appleは2018年2月9日より米国、英国、オーストラリアでスマートスピーカー「HomePod」の販売を開始しました。発表当初は好調な売れ行きを見せていたHomePodですが、最近はそうでもなかったのかもしれません。BloombergがHomePodの販売低迷を伝えています(MacRumors)。

記事によるとHomePodの発売開始から2ヶ月が経過した3月下旬、Appleは予想よりもHomePodの売れ行きが悪かったことから、製造を請け負うInventecに対する発注を削減したとのこと。HomePodの販売数は小売店で一日に10個より少なく、在庫が積み重なっている状態としています。

予約注文と初期売上高を元にした早期のアナリストの予測ではHomePodの売り上げは好調を維持し、スマートスピーカー市場の大部分を占めるようになると見込まれていましたが、実際はそうではなかったことになります。

During the HomePod's first 10 weeks of sales, it eked out 10 percent of the smart speaker market, compared with 73 percent for Amazon's Echo devices and 14 percent for the Google Home, according to Slice Intelligence. Three weeks after the launch, weekly HomePod sales slipped to about 4 percent of the smart speaker category on average, the market research firm says.

Slice Intelligenceによると、HomePodは最初の10週間の販売でスマートスピーカー市場の10%を獲得した。AmazonのEchoデバイスは73%、Google Homeは14%だった。発売3週間後、HomePodの売上高は、スマートスピーカーのカテゴリの約4%に低下した。

HomePodの価格は349ドルとライバル製品よりも高く設定されています。AppleはHomePodの優れた音質をアピールしていますが、高価な価格設定や、Apple製品以外との接続性の欠如、Apple Music以外の音楽サービスへの非対応(あるいはそのようなイメージ)によって、顧客から敬遠されているのではないかと分析されています。

スポンサーリンク