「Apple Watch 2」は今年の秋に発売か - GPSやフィットネス機能に注目

AppleWatch 3

Bloombergは本日、Appleが今年の秋にフィットネストラッキング機能を改良し、GPSを搭載した新型のApple Watchを発表する計画があるようだと伝えています(MacRumors)。

「Apple Watch 2」には、セルラーネットワークへの接続機能は搭載されず、理由として携帯電話ネットワークへの接続に必要となるセルラーチップによって、バッテリー消費量が増大する問題を解決する見込みがなかったことがあげられています。

AppleはApple Watchのために、低消費電力のセルラーチップの研究を進めているそうですが、2016年モデルには間に合わない模様。iPhoneなしでApple Watchを使用する最終的目的に向かって開発が進められているようですが、まだ時間が必要なようです。

一方追加のGPSチップによって位置情報の正確な把握が可能になり、ナビゲーション機能やフィットネストラッキング機能が改善されると見られています。

なおKGI証券のアナリストMing-Chi Kuoのレポートでは、Appleは今年高速版のApple Watch 1とGPSや気圧計を内蔵したApple Watch 2を発表すると予想されていました。

スポンサーリンク