2016年登場予定の?薄くなった「Apple Watch 2」コンセプト

NewImage [Image Credit: Eric Heisuman]

2015年前半の話題を独占したAppleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」。世界中で注目を集めていますが、2016年が近づくなか、そろそろ"次"を考え始めても良い頃かもしれません。

デザイナーEric Huismann氏が公開した「Apple Watch 2 Concept」は、次世代Apple Watchの外観やスペックをリアルなレンダリング画像で表現するもの(Cult of Mac)。Apple Watch 2に興味のある方は必見の情報だと思います。

薄く大きく見やすくなったディスプレイ

NewImage

コンセプトの「Apple Watch 2」はより薄型化され、ベゼルの幅をせばめることでディスプレイ表示領域が拡大。OLED技術の進歩により、輝度が向上し野外での見やすさも向上しています。

また1.2MPのFaceTimeカメラを内蔵し、Apple Watchを使ってFaceTime通話が可能になっています。

バンド側にセンサー内蔵

Apple Watch 2本体は

NewImage

バンド側には体温、血圧センサーを内蔵。情報はBluetoothまたは、直接診断ポートを使って送信することができます。

45mmサイズを追加

NewImage

45mmの大型サイズが追加されました。iPhone 6s Plusが多くの人から歓迎されているように、大型Apple Watchの需要も多いのかもしれません。

コンセプトでは他に、GPSモジュールの追加やWi-Fiの進化が予想されています。

今回公開されたコンセプトが実現するかどうかは全く不明ですが、iPadが第2世代で大進化を遂げたように、Apple Watchにも飛躍的な進化が起こるかもしれません。Apple Watch 2のスペックを予想して楽しみたい方はどうぞ。

スポンサーリンク