バッテリーは大丈夫?「Apple Watch 2」は40%薄型化との噂

AppleWatch 3

2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」。発売から一年がたちそろそろ「Apple Watch 2」の噂が出回ってもおかしくないころかもしれません。

そのようななかDrexel HamiltonのAppleアナリストBrian White氏が新型のApple Watchと、iPhoneに関する見解を述べ注目を集めています(MacRumorsCult of Mac)。

氏はまず次期iPhone 7に関して、5.5インチのiPhone 7 Plusだけにデュアルカメラシステムが搭載され7月に生産が始まると予想。デュアルカメラに関してはKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏の予想とも一致しており穏当な主張かもしれません。

一方Apple Watchに関して今後2、3ヶ月以内にモデルチェンジが行われ、20〜40%薄型化された新型のApple WatchがWWDCが開催される6月に発表されるだろうと予測しています。

Finally, we walked away with the sense that the Apple Watch refresh will not occur in September with the iPhone 7, but is more likely to occur within the next 2-3 months, and thus we believe an unveiling at WWDC in June makes sense. We believe Apple Watch 2 could be 20-40% thinner than the current Apple Watch

現行モデルでさえバッテリー持続時間の短さが問題されている状況で、さらにバッテリー容量が少なくなりそうなさらなる薄型化が本当に行われるのかどうか…。

Cult of MacはBrian White氏をNostradumbass(ノストラダムス的)なAppleアナリストであるとして警告しています。

スポンサーリンク