Apple、「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を発表 - 血中酸素濃度センサーを搭載

Apple delivers apple watch series 6 09152020 big

Appleは本日、「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を発表しました(TechCrunch日本版)。

Apple Watch Series 6はヘルスケア機能が拡張され、ユーザーの血中に取り込まれた酸素レベルを簡単に確認することができる機能が搭載されています。血中酸素濃度センサーは、緑色、赤色、赤外線LEDの4つのクラスタと、Apple Watchの背面クリスタル上の4つのフォトダイオードを使用して、血液から反射された光を確認する仕組みです。

iPhone 11に搭載されているA13 Bionicをベースにした新しいデュアルコアプロセッサ「S6」を採用して処理が最大20%高速化し、アプリケーションの起動時間も20%短縮しています。バッテリー駆動時間は18時間で、1.5時間以内でフル充電が可能です。

常時表示Retinaディスプレイは、屋外でApple Watch Series 5の最大2.5倍の明るさを実現し、明るい太陽光の下でも文字盤が見やすくなっています。

価格は42,800円(税別)からで本日より予約注文が可能です。

Apple watch se

また「Apple Watch SE」も発表され、こちらは常時表示ディスプレイや、血中酸素濃度センサー、ECGなどいくつかの機能が省略されたかわりに低価格を実現しています。S5チップを搭載し価格は29,800円からとなっています。

スポンサーリンク