Apple Watchの物理ボタンがタッチボタンに置き換えか

Watch series 3 incoming two wrap

FastCompanyが公開したレポートによると、Apple Watchで現在採用されている物理ボタンが、将来のバージョンではソリッドステート式のタッチボタンで置き換えられる可能性があることがわかりました(Ars Technica)。

現行のApple Watchに存在する、デジタルクラウンとサイドボタンの両方の物理ボタン置き換えられるそうで、ボタンの配置や構成は変わらないとのことです。物理ボタンはなくなりますが、タプティックエンジンによって、ユーザーはボタンを押したのと同じようなフィードバックを受けることが可能とされています。

AppleはすでにiPhone 7のホームボタンで同様の変更を行い、批判はあったものの概ね好評をもってうけいれられています。またMacBookのトラックパッドでも同様の変更が行われていて、こちらもユーザーの評価は高いようです。

Apple Watchにはすでにタップ機能が搭載されていて、画面を利用してユーザーにフィードバックを返すことが可能となっています。これをボタンにも拡張することで、内部のスペースを有効に活用できるようになるほか、耐水性の向上にもつながることが予想されます。

Appleは自社の製品から故障する可能性の高い物理ボタンを削除するための努力を長年行っていて、今回の変更もこの流れにそったものだとすると、必然的な変更といえるかもしれません。

スポンサーリンク