【悲報】キャノンのプリンターで「Doom」が実行可能

NewImage

キャノンのプリンターPixma(PIXUSの海外ブランド名)で「Doom」を動かすことができるセキュリティホールが発見されてしまい話題となっています(BBC NEWSGeek.comEngadget)。

この不具合を発見したのはセキュリティ研究者のMichael Jordon氏。キャノンのプリンターのWebインターフェイス(プリンターの状態をチェックしたり、テストページを印刷したり、firmwareをダウンロードしたりするためのもの)にユーザー名、パスワードなしでアクセスできることを発見し、プリンターに不正にアクセスできるだけではなく、firmwareを書き換えてDoomをインストールすることも可能であると主張しています。

NewImage
↑Pixma MG6450のWebインターフェイス。

Jordon氏によると、プリンターには32bitのARMプロセッサが搭載され、10MBのメモリ、スクリーンが搭載されていてDoomを動かす能力は十分あるということ(普段使っているプリンターにこんな能力が隠されていたとは驚きです)。

キャノンは問題を深刻に捉え、できるだけ早く対処する意向を示していますが、それまでの間プリンターのセキュリティに十分注意しておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク