Google、日本国内でも「Chromebook」を販売開始

Chromebook

Googleは11日、日本国内で「Chromebook」の販売を開始することを発表しました(Goog Blog)。

ChromebookはChromeOSを搭載した安価なノートブックコンピューター。専用OSのおかげで起動時間が短く、Gmail/Googleカレンダー/YoutubeなどGoogleのサービスを簡単に利用することが可能で、セキュリティ更新も自動で行われることが特徴です。

DELLのChromebook 11はすでに販売中、Acer C720 Chromebook は13日より、ASUS ChromeboxとASUS Chromebook C300MAは12月中旬より販売開始されます。

DELL Chromebook 11

11日から販売開始となったDELLのChromebook「DELL Chromebook 11」は、メモリ2GBのモデルと4GBのモデルの2種類があり、2GBモデルが税込み3万4538円、4GBモデルが税込み4万2098円となっています(週刊アスキーEngadget日本版)。

Chromebook2

スペックは11.6インチ液晶ディスプレイ搭載で解像度は1366 x 768。Celeron 2955U/1.4GHz、2GB/4GB/RAM、16GBのSSD、バッテリー持続時間は10時間。重量やサイズは公開されていませんが、3ポンド(1.36kg)以下ということ。

購入してはたして本当に活用できるのかどうか不明ですが、この値段だととりあえず欲しいという人も多いかもしれません。

スポンサーリンク