Google、ついに日本国内で「Chromecast」を販売開始。お値段なんと…

Chromecast

Googleが、小型のストリーミングデバイス「Chromecast」を5月28日から日本国内で販売開始します(engadget日本版)。直販サイトやAmazon.co.jpで販売され、価格はなんと4200円(税別)。もともと2013年7月に米国などで発表されたデバイスなので、待っていた人にとっては、待望の発売開始だと思います。Chromecastは液晶テレビのHDMI端子に接続して映像や音楽を楽しむためのデバイスで、スマートフォン、タブレット、PCから操作することができます。といっても画面をミラーリングしているわけではなく、スマホの操作をきっかけにして、Chromecast自らサーバー(例えばYoutube)に接続して、コンテンツを取得する仕組みになっています。対応サービスは今のところ「Youtube」、「dビデオ」、「ビデオパス」などなど。

開発者向けにSDKも公開されているので、いじって遊んでみたい開発者ならば心惹かれるものがあるかもしれません。

ただしちょっと気になるのは、発表から1年近く経過していることと、同カテゴリのライバルであるApple TVのリニューアルが近そうなことでしょうか。Apple TVの動向が気になるなら、WWDCまでもうすこし待ってみてもよいかもしれません。

スポンサーリンク