Raspberry PiをWeb開発環境に変える「Coder for Raspberry Pi」

Coder for Raspberry Pi」はRaspberry PiをWeb開発環境として使うためのオープンソースプロジェクト(TechCrunch日本版)。

開発したのはGoogle Creative Labsで、CoderをRaspberry Piにインストールし、ブラウザからアクセスすれば、Web開発環境として使いはじめることが可能になります。


NewImage

ブラウザからCoderにアクセスしたところ。「Hello Coder」「Eyeball」「Space Rocks!」といったプロジェクトが並んでいます。

NewImage

「Eyebaoo」プロジェクトのHTMLコード。

NewImage
JavaScriptも使えます。右側はプレビューかな。

NewImage
プロジェクトの設定画面。

Coder for Raspberry Pi

機能的に考えればRaspberry Piである必要性は薄いかもしれませんが、これだけ安価に機材を揃えることができるのは強みかも。Coder自体のソースコードも公開されているので、そちらも参考になるでしょう(GitHub)。

スポンサーリンク