MacBookの修理保証が効くかどうかの判定に使われるツール「Dent Inspection Tool」

NewImage

写真に写っている小さいツールは「Dent Inspection Tool」と呼ばれ、アルミMacBookが修理保証されるかどうかAppleが判定するために使っているツールのようです(TESTED)。

Dent=へこみ を測定するツールで、ある一定以上のへこみがあるとみなされたMacBookは保証の対象にならないと判定されるようです。ボトムケースや、クラムシェル、コーナーなど何カ所か測定する箇所があり、例えば、ケースのへこみの場合、ツールのとげをへこみの上にのせ、ツールがフラットになったらだめと判定されるとか。

NewImage

コーナーは、ゆがみがないかどうかかどにあてて測るようです。

携帯なんかで、水没してたら修理してもらえないというのはよく効きますが、ボディのへこみで修理保証がきかなくなったら結構悲しいモノがありますね(それだけ荒い扱いをしたとみなされるのでしょうか)。

スポンサーリンク