ディスプレイ解像度の主流は1024x768から1366x768に政権交代

毎度おなじみインターネット調査会社StartCounterの調査によると、最も使用されているディスプレイ解像度が、1024x768から1366x768に変更となりました。

ScreenResolution

1366x768が19.28%、1024x768が18.6%となっています。最近のWindowsノート'エントリークラス)はほとんど1366x768の解像度を採用しているので、その影響がありそうですね。個人的には、高解像度好きなので、1440x900以上あたりがはやってくれれば嬉しいですがグラフだとほぼ横ばいです。

スポンサーリンク