キングジム、E Inkを搭載したデジタルメモ「ポメラ」DM30を発表

Top productimg

キングジムは5月15日、デジタルメモツール「ポメラ」の最新モデル、デジタルメモ「ポメラ」DM30を6月8日より発売することを発表しました(CNET Japan)。価格は43,000円(税抜き)。

ポメラは、コンパクトなボディにノートパソコンクラスのキーボードを備えたテキスト入力に特化したモバイル端末で、電源ONですぐに起動するのが特徴です。

DM30はポメラシリーズで始めてE Ink社の電子ペーパーディスプレイを採用し、アウトライン機能や、行番号、グリッド表示、縦書き、白黒反転など、多彩な編集機能に対応しています。

Design img01

作成したテキストファイルの送信には、microUSB端子やSDカードが利用できるほか、QRコード変換によるスマートフォンからの読み込み、無線LAN機能付きSDカード「FlashAir」が利用可能です。

電源は単三アルカリ乾電池で20時間の駆動を実現。充電式バッテリー搭載機とことなり、バッテリー劣化の心配が不要です。

全体的にDM100系列ではなく、DM25の進化版といえそうです。素早くメモがとれるポメラの便利さは、スマホやタブレットにキーボードを接続したものでは置き換えがたいものがあり、個人的にかなり惹かれるものがあります。

スポンサーリンク