【KGI予想】高速版Apple Watch 1と、GPS、気圧計内蔵のApple Watch 2が年内登場へ?

AppleWatch 3

おなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、Apple Watchに関する新たなレポートを発表しました。高速化したTSMC製プロセッサを搭載したApple Watch 1と共に、GPS、気圧計を搭載し、防水性能が向上したApple Watch 2が年内に発売されると予想し注目を集めています(AppleInsiderMacRumorsiDownloadBlog)。

Kuo believes Apple is planning to launch two new Apple Watch versions in the second half of 2016, both of which offer moderate improvements over their predecessor. The first unit will be an iterative upgrade on the original Apple Watch and is expected to sport the same aesthetics, but with improved intervals like a TSMC processor built on the 16nm process. Waterproofing should also be slightly improved.

Kuo氏によるとアップデート版のApple Watch 1はGPSや気圧計、その他の新機能は追加されず、防水性のわずかな向上以外は、内部的なハードウェアの改善に止まるとみられています。すなわち現行のApple Watch 1とほぼ同じフォームファクターが維持される模様です。

A second version, dubbed "Apple Watch 2," is also expected to share the same general design as current models, but will include a GPS radio and barometer for improved geolocation capabilities. A higher capacity battery will be included to power the advanced components, but its size will prohibit Apple's usual generational device slimming.

対してApple Watch 2は、デザインは現行モデルとほぼ同じであるものの、位置情報処理を向上させるために、GPSと気圧計が搭載され、よりパワフルなプロセッサと共に容量が増加したバッテリーが採用されると予想されています。LTEは次期Apple Watchでサポートされず、2017年モデルでサポートされるとみられています。

スポンサーリンク