折りたたみ可能なiPhoneやiPadが2021年に登場か

Folding iPhone

最近モバイルデバイスの次のトレンドとして継ぎ目のないディスプレイを採用した折りたたみ可能なデバイスが注目を集めています。今回9to5Macが、世界最大級の金融グループUBSの情報を元に、Appleが折りたたみ可能なiPhoneやiPadの開発に「着実に取り組んでいる」と伝えていることがわかりました。

この情報によると、Appleの折りたたみデバイスは来年2020年に発売される可能性はあるものの、2021年の見込みが最も高く、最初に登場する折りたたみ型デバイスはiPhoneではなくiPadになるとのこと。

But Apple is steadily working on the technology and UBS believes a folding Apple product could come next year, although it said “2021 is more likely.” UBS thinks the first folding Apple product is more likely to be an iPad than an iPhone.

また折りたたみデバイスの価格は従来のデバイスより高価になり、消費者は400〜500ドルの追加コストならば許容し、Appleデバイスのユーザーならば600ドル程度の追加コストを許容するとの調査も行われています。

9月に発売が延期となったSamsungのGalaxy Fold はおよそ2000ドルの高価なデバイスで、Appleの折りたたみデバイスが実現するとしても、かなり高価な価格設定となってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク