ウインクして写真をとることができるGoogle Glassアプリが早くも開発された

Wink

Google Glassのウインク認識機能を使い、ウインクするだけで写真をとることができるアプリが早くも開発されました(開発者Mike DiGiovanni氏are technics)。

写真をとるための画期的な方法になるかもしれません。

もともとその機能はあった

Winkは、Google Glassのソースコードのなかにもともと含まれている機能(しかしデフォルトで有効になっていない)を使って実現されているそうです。redditによるといかにもそれっぽいシンボルが定義されていることがわかります。

"EYE_GESTURES_WINK_ENABLED"
"EYE_GESTURES_WINK_DISABLED"
"EYE_GESTURES_WINK_CALIBRATION_SUCCESS"
"EYE_GESTURES_WINK_CALIBRATION_FAILURE"
"EYE_GESTURES_WINK_TAKE_PHOTO"
NewImage

詳細は不明ですが、"EYE_GESTURES_WINK_ENABLED"な状態にして、「ウインクで写真をとる」機能を実現しているのでしょう。

ソースコードも入手可能

ソースコードはGithubから入手可能です。完全にハンズフリーで写真をとることができるので、食べながら写真をとることができると説明されています(たしかに)。実際にウインクで写真をとっている動画も確認することができます。

スポンサーリンク