HomePod OS 12では複数タイマー可能となりSiri通話機能も大幅に進化か

HomePod on shelf 800x451 800x451

iGenerationは22日、今年の秋iOS 12と同時期の公開が予想されるHome Pod OS 12で、HomePodにSiriを利用したさまざまな新機能が追加されるだろうと報じてします(9to5Mac)。

現状ではHomePodは連絡先の情報を管理していないため、単体で電話の発信や着信はできず、iPhoneを利用して電話の発信や着信した後、オーディオ出力をHomePodに切り替える必要があります。

これが現在開発中のHome Pod OS 12のベータ版では、HomePodを利用して電話の発信や着信が可能になるほか、「iPhoneを探す」Siriコマンドが利用可能になり、さらに複数のタイマーの設定も可能になるとのことです。

現在HomePodの電話機能はテスト中で、全てが公開されるとは限りませんが、電話番号のダイヤルや着信への応答に加え、ボイスメールを聴いたり、通話履歴を検索することも可能になるとされています。

さらに「iPhoneを探す」SiriコマンドによってiPhoneの場所を探すことができたり、ホームボタンに追加される「fix Wi-Fi」ボタンによってHomePodをペアリングされたiPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続する事ができるようになるそうです。その他AmazonのスマートスピーカーEchoシリーズのように複数の名前付きタイマーを設定できる機能も追加されるとのことです。

iOS 12やmacOS Mojave、watchOS 5、tvOS 12が公開されるタイミングに合わせ、HomePod用OSの新バージョンも公開されることになるのか注目です。

スポンサーリンク