【朗報】HTCとMotorola、劣化バッテリーでCPU速度が遅くならないこと声明を発表

Pexels photo 518530

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneの動作速度を意図的に遅くしているのではないかとの情報が大きな注目を集めています。

28日にはAppleの、2018年中、バッテリー交換費用を29ドルに引き下げるという思い切った対応策が発表されるなか、HTCとMotorolaはバッテリーが劣化した状態でもCPUの処理速度を低下させることはないという主旨のコメントを発表していたことが判明しました(The Verge)。

The Vergeによせられた Motorolaのコメントは「We do not throttle CPU performance based on older batteries(古いバッテリーでもCPUのパフォーマンスを抑制していない)」というもの。HTCも同様のコメントを発表しています。

詳細は不明ですが言葉通りに受け取れば、iPhoneで行われているような、バッテリーの経年劣化によるCPUの処理速度の制御は行われていない事になります。

Appleは、劣化したバッテリーで予期せぬシャットダウンを防ぐため、iOS 10.2.1でiPhone 6/6sのCPUを遅くする処理を入れたそうですが、この対応策は全てのスマートフォンに当てはまるものではなく、iPhone特有のものなのかもしれません。

The VergeはGoogle、Samsung、LG、Sonyといった他のメーカーにもコメントを求めています。

スポンサーリンク