iFixit、Apple Watch Series 6の分解レポートを公開

QVHKUBB4BRZQI36I

iFixitがAppleの新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 6」の分解レポートを公開しました(MacRumors)。

レポートによると、Series 6の外観はSeries 5と非常に似ているものの、血中酸素モニタリングなどの新機能をサポートするため、内部的にはかなりの変更が行われているとのこと。

まず、開き方が従来のように上から下に開くのではなく、iPhoneのように横に開くタイプに変更されています。内部的にはForce Touchが削除されているのも特徴で、Force Touch用のガスケット部品が省略され、合理化されたデザインによって修理がしやすくなっている模様です。

XLUwoWVedwagY2iE

バッテリー容量は前モデルと比較すると、44mmモデルが1.17Whで3.5%増加、40mmモデルが1.024Whで8.5%増加とどちらのモデルも増加しています。Taptic Engineがは少し大きくなったものの、内部的な微調整やFouce Touchの削除などによって全体的な厚みは少し薄くなっていることが判明しています。また血中酸素モニタリング用のセンサーの存在がケースの底に存在することも確認されています。

iFixitは、新しいセンサー、より大容量のバッテリー、そしてより大きなTaptic Engineをより薄い筐体に詰め込んだAppleの能力に感銘を受たとし、修理しやすさを示すRepairability Scoreを6としています(10が最高)。

スポンサーリンク