iFixit、あまりにも脆いとGalaxy Foldを分解

Galaxy fold

さまざまな製品の分解レポートでおなじみのiFixitが、発売が延期となったSamsungの折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Fold」の分解レポートを公開しました。(MacRumors)。

iFixitはGalaxy Foldのディスプレイに関して2つの大きな問題を指摘しています。

まず最初の問題は、折りたたみ式のOLEDディスプレイ自体が非常に脆いという問題です。ディスプレイにはガラスカバーのかわりに保護膜が接着剤で取り付けられていますが、この保護膜をディスプレイを壊さずに取り外すことができないほどだったと脆さを説明しています。

またもう一つの問題はヒンジの部分に7mmほどの隙間があるということです。ここからゴミや湿気が内部に入り込み、ディスプレイが壊れる原因になる可能性があると指摘しています。

またSamsungが200,000回の折りたたみ試験を実施したのにもかかわらず、レビュアーが数日試用しただけで問題が発生した原因として、均等に力をかけるロボットと、力のかけかたが個々で全く異なる人間の違いを指摘しています。

Galaxy fold 800x600

修理のしやすさは2/10(10が最も修理しやすい)で、1つのドライバで全てのネジに対応できる点と、多くの部品がモジュール化されていて交換可能な点は評価されているものの、折りたたみ機能によってヒンジやディスプレイが劣化していく点や、メインディスプレイの保護能力の低さ、バッテリー交換の難しさなどがマイナス評価されています。

スポンサーリンク