MIT発リアルとバーチャルの垣根がなくなるディスプレイ「inFORM」

NewImage

MITで開発されている「inFORM」と呼ばれるディスプレイがおもしろいです。

画面手前の小さな棒がたくさんささった部分がディスプレイ本体で、(画面奥に写っている)人の操作をキャプチャーして、このディスプレイ上で再現することで、リモートからリアルな物体を操作する事が可能に。

NewImage
操作側のイメージ。他の場所にあるライトをつかんじゃってます。
NewImage

ディスプレイ側は実際はこんな感じ。まだまだ大掛かりですね。これから発展していけばいろいろな可能性がありそうなテクノロジーです。ディスプレイは他にも3次元関数の可視化なんてことにも使えるみたいです。

inFORM - Interacting With a Dynamic Shape Display from Tangible Media Group on Vimeo.

実際に動かしている動画がわかりやすいと思います。

スポンサーリンク