【KGI予想】2017年版iPhone でOLEDディスプレイとガラス筐体が採用されると再度主張

Iphone7s

斬新なデザインの新型iPhoneが登場するのかもしれません。Apple製品の予想でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、2017年に発売されるiPhoneで、ガラス筐体とAMOLEDディスプレイが採用されるとした新たなレポートを公開し注目を集めています(9to5MacMacRumors。同様の主張は3月にも行われています)。

筐体のガラス化は主に多くの競合各社との差別化のために行われるもので、iPhone 4s風のガラス筐体によってフォームファクターの刷新が行われるとのこと。

ガラス筐体は重さや落下時の頑丈さで不利な面もありますが、軽量のAMOLEDディスプレイの採用によって重量の増加が抑えられるとみているようです。

なお2017年モデルでOLEDディスプレイが採用されるという噂が先日報じられており、サプライヤーとしてSamsungやLGディスプレイ、ジャパンディスプレイ、シャープなどがあげられています。

2017年モデルは慣例ならば「iPhone 7s」ということになりますが、筐体が刷新されるのなら他の名前になる可能性もありそうです。

スポンサーリンク