MacとWindowsをお手軽接続することができる「KB-USB-LINK3M」

MacとWindowsに対応したUSBのリンクケーブル「KB-USB-LINK3M」がサンワサプライより発売されます。定価は4,179円。

リンクケーブルをMacとWindowsに接続するだけで、データをドラッグ&ドロップで移動したり、キーボードとマウスを共有する事が出来るようになるという簡単さで話題に(もちろんWindowsとWindows、MacとMacの組み合わせもOKらしい)

■仕組みは?
詳細は不明ですが初回差し込んだときにドライバをインストールし、ドライバ+ハードウェアの力で機能を実現しているのではないでしょうか。公式サイトにも以下の記述があるように初回接続時にドライバーがインストールされるのではないかと思います。

「リンクケーブル内にドライバを格納しており初めて接続したパソコンにも自動でドライバインストールが可能です。外出先での急な利用にもすぐにデータリンクが可能です。

ケーブル内にドライバが格納されているので、ドライバCDなどを準備しなくてもよいのはいいですね。

■安定して動作すれば便利かも
Mac/Linux/Windows間でマウスとキーボードをPC間で共有する事ができるSynergyというソフトがありすが、今ひとつ安定性にかけています。KB-USB-LINK3Mが簡単かつ安定して使えれば便利かもしれません。なお同種のケーブルとして「Magic Switch MMSK-02」というものがすでにあるみたいですね。

スポンサーリンク