「Kindle Paperwhite」ファーストインプレッション

正月の間、年末に注文したKindle Paperwhite(3Gなしモデル)で遊んでいました。

kindle1

Nexus7やiPadのKindleアプリを使って読書することもできるのですが、初めてのE-ink端末に期待大ということで。

■外観など
箱を開けたところ。なんとなくApple製品っぽいです。
kindle2

同梱されているのはUSBケーブルのみ。充電器が必要な場合は別途購入する必要があります。
kindle3

裏面。チープじゃなくてなかなかいい感じ。
kindle4

端子付近。USB端子と電源スイッチだけ。極めてシンプルですね。

kindle5

全体的に安いけどしっかりしている印象です。

■ケース
本体価格と比較してかなり割高なので迷ったのですが、結局純正ケースを購入してしまいました。
case1

ケースを開いたところ。内側のキャンパス地の手触りが良いです。
case2

Kindleに装着。かなりピッタリ密着します。蓋を裏側に折り返したとき、蓋が右側にでっぱらず持ちやすいです。
case3

大きさ比較。iPad 3 / Nexus 7 / Kindle勢揃いです。
case4

安いサードパーティケースが見つけられなかったから消去法で選んだのですが、機能的には大満足。純正品だけあってKindleとの一体感は半端ないです。蓋を折り返してもったとき、蓋が邪魔にならないので使いやすいです(使用中のNexus7のケースは折り返したときの蓋が右側に飛び出すのでホールド感がいまいち)。マグネットスリープの誤爆ももちろんありません。レビューが軒並み高評価なのも納得。最近購入したタブレット用のケースとして屈指のできかもしれません。

■保護フィルム
これも迷いましたが手で触るものには保護フィルムを貼ったほうがよいだろうという考えのもとに購入しました。
film1

額縁があるのでiPhoneやiPadより貼りづらいですが、それほど大きくないので落ち着いてやれば失敗しないでしょう。バッファローのフィルムは使った事なかったのでちょっと心配でしたが、感想はまあ普通かなと。とくに見づらい事もありません。

■まとめ
まだまだ使い込んだわけではありませんが良い点、悪い点をまとめてみました。

良い点

  • Kindleストアから一発衝動買い可能。
  • 目に優しい(気がする)。寝る前の読書に最適。
  • 読書しかできないので集中できる。
  • ケースのできが良い。

悪い点

  • 図表はイマイチみづらいかも。漫画は意外といけるけど、普通の本の中にはいっている図が見づらいきがしました。
  • 明るさの自動調節がないので手動でやるしかない。
  • ストアの品揃えがまだまだ。

端末自体の値段はそんなに高くないので衝動買いしても損はないと思います。純正ケースはとても出来が良いとはいえ、本体価格と比較して高すぎという感はいなめません。あとはKindleストアが充実してくれるのを待つのみですね。読書好きにはお勧めです。

スポンサーリンク