キングジム、iPhoneで見た情報をそのまま出来る専用プリンター「ロルト」発表

NewImage

キングジムは本日、iPhoneで閲覧する画面をスクリーンサイズのまま印刷できる専用プリンター「ロルト」を発表しました。価格は16,500円(+消費税)。8月1日より発売されます。

ロルト本体とiPhoneは専用アプリ「Rolto」(無料)を使い無線経由で接続できるのでケーブルを接続する必要はありません。専用アプリ「Rolto」は、Webブラウザの内容や、画像、メール、メモなど様々な情報をiPhoneと同じ横幅で印刷でき、縦方向へはロール紙を生かして画面をはみ出すサイズの情報も一枚の紙に印刷することができます。

ロルトの用途はウェブページ、メモ、メール、クーポンの印刷など。印刷する専用のロール紙はラベルタイプで裏がシールとなっているので付箋的な使い方もできるかもしれません。

ひょっとして使えるかも?

開発者的立場からすると、画面のスクリーンショットを印刷して、アプリ開発のためのプロトタイプ作成に活用すれば結構便利そうなんですけど、どうなんでしょうか。

ポメラなどユニークなデジタルガジェットを開発することで有名なキングジムだけあって「ロルト」も思わず欲しくなってしまう製品ですね(値段がちょっと高いですけど)。

スポンサーリンク