ノートPCのバッテリーは「いたわり充電」が正解だったという話

IMG 1578

WIREDに『ノートPCのバッテリー寿命を「4倍延ばす」方法』という記事が掲載されていました。ノートPCユーザーにとってとても興味深いタイトルだったので急いで確認してみると、フル充電ではなく、80%までの充電を推奨する、わりとよく知られた方法で拍子抜けしました。


記事によると100%の充電ではなく80%に充電し40%まで使うのが理想とのこと。これによっていバッテリーの寿命が4倍にもなるようです。

Cadex Electronics社の最高経営責任者(CEO)であるイジドア・ブックマンはWIREDに、80%まで充電して40%まで使うのが理想だと語った。そうすれば、バッテリーの耐用寿命は長くなり、場合によっては4倍にもなるという。

100%の充電でバッテリの寿命が短くなる理由については以下のように説明されています。セルの電圧が寿命に影響?

理由は、リチウムポリマーバッテリー内のセルは、ある電圧レベルまで充電されるためだ。充電のパーセントが高くなるほど、電圧が高くなる。セルの電圧が高くなると、セルが受けるストレスが高まる。このストレスが、放電サイクルの減少につながる。

最後に『「80%まで充電したとき」と「40%まで放電したとき」に知らせてくれるWindowsとOS Xのアプリを探したが、何も見つからなかった。』とありますが、じつはこれ東芝、パナソニック、ソニーなどの日本製WindowsノートPCではごくあたりまえに実装されている機能です。いたわり充電とかエコモードとか各社呼び名は違いますが、だいぶ前からある機能なんですよね。

残念ながらAppleのMacBookには今のところこの機能がありません。そんなに難しくない技術だと思うので早めの実装を希望したいです(最近の機種だとバッテリーの交換もできないし)。

スポンサーリンク