Microsoftより「デスクトップPCのほうがノートPCより壊れやすい」報告

MicrosoftがWindowsエラー報告システムの結果を調査し、デスクトップPCのほうがノートPCより壊れやすい傾向にあると報告しています(Microsoft:PDFGIGAZINE)。

下の表が故障発生率の表です。

「ノートPCのほうが衝撃を吸収する構造になっているため堅牢なのでは」と結論づけられていますが、直感的には、持ち運びする上、廃熱処理が難しノートPCのほうが壊れやすい気するのでちょっと意外。まあ最近のデスクトップPCは安かろう悪かろうなので、比較的コストがかけられるノートPCに比べて部品の信頼性もさがっているかもしれません。

スポンサーリンク