「ミニスーパーファミコン」が速攻ハックされる

Screen Shot 2017 10 06 at 3 47 43 PM 796x396

任天堂が発売を開始したミニスーパーファミコンこと「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。標準状態でもスーパマリオワールドやF-ZEROなど、スーパーファミコンを代表する名作ソフトをプレイ可能ですが、これに飽き足らないユーザーもいるようです。

例えばYouTuberのSkullatorは、ミニスーパーファミコンを改造し、独自のゲームを追加する方法を動画形式で詳しく説明しています(The Next Web)。

動画で紹介している方法は「hackchi2」と呼ばれる専用改造ツールのアンオフィシャルビルドを利用するもの(記事執筆時SNES Classic Miniをサポートしたhackchi2のv2.20が公開済み)で、さまざまな手順を経て「聖剣伝説3」を追加する様子が確認できます。

hackchi2はゲームの追加だけではなく、ゲームの設定変更や、ボタンの挙動改造、連写機能の追加などさまざまな機能を搭載したツールですが、改造に失敗するとミニスーパーファミコンが「文鎮化」する危険性があり、一般ユーザーが使用することは推奨されていません。

スポンサーリンク