【朗報】MINIX 3がARMで動く!!

Minix

教育用オペレーティングシステムとして有名なMINIXがARMに移植されいくつかの開発用ボードで動き始めた事が明らかになりました(PhoronixFOSDEM 2014のスライド)。

移植されたMINIXのバージョンは3.2.1。BeagleBoard-xMでは、フレームバッファが動くもののネットワークサポートはなし、BeagleBoardでは、フレームバッファは動かないけれども、ネットワークサポートとUSBサポートが動くといった感じらしいです。

Status

まだ完璧な移植とはいえませんが、順調に作業が進めば、完全移植される日も近そうですね。この手の開発用ボードは教育用途で使われることも多いので、MINIXとの相性は良さそうです。スライドにはタネンバウム先生の元気そうなお姿も収められているのでOSマニアはチェックしてみてください。

スポンサーリンク