【悲報】三菱テレビ「REAL」、ファームウェア自動更新機能の不具合により再起動を繰り返す不具合が発生か

Tv

三菱電気は29日、三菱電気の液晶テレビ「REAL」の一部機種で、数分ごとに画面が暗転したり再起動をくりかえす障害が、全国規模で発生していたことを明らかにしました(産経ニュースEngadget日本版livedoor News)。

不具合は、29日の午前0時から正午ごろまで続き、その後復旧。原因は「オンエアダウンロード放送」と呼ばれる、放送電波を利用してテレビのファームウェア更新などを自動的に行う仕組みとみられ、三菱広報部は「オンエアダウンロード放送に当社のものではないデータが影響した」と主張しています。

障害は2010年以降に発売された製品(最大162万台)に影響したそうで、実際うちのREALでも見事に録画がぶつ切りになっていました…。他社のデータに影響されて、テレビに障害が発生するということから、なんらかのセキュリティホールがあるのではないかと心配になってしまいます。詳細は現在調査中のことなので、詳しい説明を期待したいと思います。

スポンサーリンク