激安中華タブレット「MOMO9 加強版」を購入してみた

iPhone/iPadユーザーなのでAndroidにこれまで縁がありませんでした。Android携帯は敷居が高いので、安タブレットでいいのがないかな〜?とさがしていたところ、Ployerの「MOMO9 加強版」が安い割にそこそこ評判がよさそうです。ということで早速Amazonで購入してみました。

ちなみにMOMO9 加強版はAmazonが直接販売しておらず、マーケットプレイス経由で他の販売店から購入する事になります。販売店によって保証期間が事なるなど注意が必要らしく、今回は比較的評価の高い「UNSショップ」から購入しました。保証期間が1週間かつバックプレートにロゴがある正規品を送ってくれるので良いかなと(店によってはロゴなし品の場合もあるらしい)。

■第一印象はやはり…
第一印象はやはりチープな印象(対iPad比)…ですが、実際すごく安いのだからしかたないところですね。

あとは中国語アプリがインストールされているのに戸惑いました。中国語は全然わからないので何をするアプリかも不明。とりあえず全部無効化しておきました。タッチで空振りする事があるのは慣れてないからなのか、ハードのせいなのか?

■いいところ
iPadに比べて自由度が高いところは良いです。micro SDHCカードが使えるし、USBも接続できます。HDMI端子もあるので液晶テレビに画面を出力するのも簡単っぽいです。とりあえず、Transcend microSDHCカード 32GB Class4を装着してみました

キーボード付きケースもめちゃ安い。USBで接続できるせいかな?以下のケースが気になってます。

Bluetooth対応キーボードを使う場合は(ポケモンキーボードなど)、USBアダプタが必要っぽいです。

■まとめ
しばらく使ってみたのですが、実用第一で考えるなら、iPadとかもっと高いAndroidタブレットを購入したほうがよさそうです。キーボードの表示や、スクロールでもたつく場面が多いのでストレスを感じます。

ただAndroidで遊んでみたい、カスタムロムを試したい、root化してみたいという人には実験機としてコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。MOMO9でも、さらにもっさりするみたいですが、Android 4.1が動くみたいなので時間がとれたら試してみたいです。

スポンサーリンク

2 件のコメント