Nintendo Americaに対するJoy-Con訴訟が発生

IMG 4718

GoNintendoによると、米国の法律事務所Chimicles Schwartz Kriner & Donaldson-Smithが、 Nintendo Americaに対し、Nintendo Switchのコントローラーの欠陥を訴える集団訴訟を正式に起こしたことがわかりました(MSPoweruser)。

今回問題視されたJoy-Conの欠陥はアナログスティックが誤動作し、ゲーム内で意図しない操作を引き起こすというもので、海外では「Joy-Con drift」という名前で知られています。

同法律事務所の訴訟に関するWebページには以下のような情報が掲載されているとのことです。

CSK&D has filed a class action lawsuit against Nintendo of America, Inc. (“Nintendo”) for claims relating to alleged defects in the Joy-Con controllers that are part of Nintendo Switch gaming consoles. The complaint, filed in the United States District Court for the Western District of Washington, alleges that the joysticks on Joy-Con controllers are defective, leading users to experience drift issues. Specifically, the complaint alleges that the joystick on the Joy-Con controllers will automatically register movement when the joystick is not being controlled by the user and interfere with gameplay. The complaint, filed on behalf of purchasers of Switches and Joy-Con controllers, brings claims under various consumer protection statutes as well as various warranty and common law claims.

ただし記事執筆時Webサイトがダウンしているようで確認することはできませんでした。

Joy-Conのアナログスティックの故障は世界中で多くのユーザーが遭遇している問題のようで、個人的にも2回ほどLスティックが故障した経験があります。携帯特化型「Switch Lite」の発売も控えるなか、根本的な対策を期待したいところです。

スポンサーリンク