キングジム、開閉型キーボード搭載したコンパクトノートPC「ポータブック XMC10」を発売へ。お値段なんと…

NewImage

キングジムは12月8日、開閉型のキーボードを搭載したコンパクトノートPC「ポータブック XMC10」を2016年2月12日より販売開始することを発表しました(キングジムニュースPC Watch)。店頭価格は9万円前後と予想されています。

ポータブックは8型液晶を搭載したWindows 10搭載ノートPC。1,280×768ドットのディスプレイにAtom x7-Z8700 CPUを採用。2GBのメモリ、32GBのストレージを搭載しています。OSはWindows 10 Home Edition、Office 365サービス(1年分)が付属。重量は約830gで、バッテリーは約5時間持続します。

NewImage

最大の特徴は「スライドアーク」と呼ばれるキーボードで、持ち運び時にはA5サイズの手帳とほぼ同じコンパクトなサイズながら、使用時にはフルキーボードの快適な文字入力を実現しています。

PC Watchのレビューによると、スペック的には「タブレットPC相当」ということであまり期待できそうもありませんが「12型クラスのノートPC同等」とされるキーボードには期待がもてそうです。

ある程度価格がこなれてきたら、ポメラの後継機的な書き物専用マシーンとして人気がでてくるかもしれません。今後に注目です。

スポンサーリンク