全てがパワーアップした「Raspberry Pi 3 Model B+」が登場

770A5842 1612x1080

Raspberry Pi Foundationは3月14日(現地時間)、Raspberry Piの新型モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」を発表しました(TechCrunch日本版)。価格は既存のRaspberry Pi 3 Model Bと同じ35ドルながら、あらゆるコンポーネントのスペックがパワーアップした新モデルとなっています。

Raspberry Pi 3 Model B+の主な仕様は以下の通り:

  • 1.4GHz 64bitクアッドコアARM Cortex-A53 CPU
  • デュアルバンド802.11ac無線LANとBluetooth 4.2
  • 高速イーサネット(Gigabit Ethernet over USB 2.0)
  • Power-over-Ethernetのサポート
  • PXEネットワークとUSBマスストレージブートの改善
  • 温度管理の改善

Raspberry Pi 3 Model Bと比較すると、ピークCPUクロック周波数が200MHz上昇し、有線および無線のネットワークスループットが約3倍になっています。加えて温度管理の改善によって長時間高いパフォーマンスを維持する事が可能になっています。

スポンサーリンク