【速報】Raspberry Piの新モデル「Raspberry Pi Model B+」発表

raspberrypi

Raspberry Pi Foundationは本日、人気のシングルボードコンピューター「Raspberry Pi」の新モデル「Raspberry Pi Model B+」を発表しました(公式ブログBetaNewsHacker NewsITPro)。

Raspberry PiはLinuxを動かすことができ、電子工作などにも活用できる人気の低価格コンピューター。新モデル「Raspberry Pi Model B+」は、現行の「Model B」の最終パワーアップ版という位置づけで、ベースとなる部分は同じ。価格も35ドルのままに押さえられています。

同じところ/異なるところ

NewImage

raspberrypiaustralia.com.auに、現行モデルModel Bと、Model B+の違いがまとめられていました。

同じところ

  • Broadcom BCM2835チップセット
  • 512MB RAM
  • フルサイズのHDMIポート
  • 10/100 Ethernetポート
  • CSIカメラポートとDSIディスプレイポート
  • micros USBによる電源供給
NewImage

異なるところ

  • USBポートが4つに増えた
  • GPIOポートが26ピンから40ピンに拡張。最初の26ピンはModel Bと同じで後方互換性あり
  • SDカードスロットではなくMicro SDスロットを採用
  • 電源管理の拡張。4つのUSBポートに1.2AMPを供給可能。消費電力が750mAから650mAに減少
  • ステレオオーディオとCompositeビデオ出力のための4端子ジャック

注意点としてModel Bとはレイアウトが異なっているのでケースやドーターボードがフィットしない可能性があるとのこと。

Raspberry Pi互換機を迎撃?

SDカードスロットの変更や、電源周りの強化など、Raspberry Pi Model Bの弱点を堅実に改良してきた印象があります。最近はRaspberry PiのライバルとなるHummingBoardのようなコンピューターも登場し、Raspberry Pi苦戦かと思われていましたが、Raspberry Pi Model B+の登場で再度状況が変わるかもしれません。

個人的にはあえて「Raspberry Pi Model B+」という名前をつけていることから、近々新プロセッサを搭載した「Raspberry Pi 2」がでるのはと勘ぐってしまいましたが、はたして…?

スポンサーリンク