Raspberry Pi 公式ディスプレイが遂に登場。お値段はなんと60ドル

NewImage

Raspberry Piファウンデーションは9月8日、大人気のシングルボードコンピューター「Raspberry Pi」用のオフィシャルディスプレイ「Raspberry Pi 7" Touchscreen Display」の発表を行いました(公式ブログBetaNewsThe Verge。価格は60ドル(税金や送料は別)。Swag Store、RS Components/Allied Electronics、Premier Farnell/Newarkなどで販売が開始されています。

7インチタッチパネルディスプレイ

「Raspberry Pi 7" Touchscreen Display」は、その名の通り10本指タッチに対応したタッチパネルディスプレイで、ディスプレイの解像度は800 x 480、Raspberry PiのDSIポートを使いリボンケーブルで接続し、電源はGPIOポートから供給されます。

NewImage

Raspberry Piはディスプレイの背面に取り付け可能でスタンドのように設置することができます。

ディスプレイのスペックをまとめると以下の通りです。

  • 7インチタッチスクリーンディスプレイ
  • サイズ: 194mm x 110mm x 20mm
  • 表示領域サイズ: 155mm x 86mm
  • 解像度: 800 x 480
  • 10本指対応タッチパネル
  • Raspberry Piへの接続はDSIポートへ接続されたリボンケーブルを使用
  • アダプターボードはディスプレイへの電源供給と、ディスプレイのパラレル信号をRaspberry Piのシリアルポート用に変換するために使用される

開封動画もすでに

実際にこのRaspberry Piオフィシャルディスプレイを開封し、組み立てる様子を撮影した動画が公開されています。ケーブル一本でサクッと接続というわけにはいかないようですが、それが逆にRaspberry Piぽいといえるかもしれません。

スポンサーリンク