【WD】一番信頼できるHDDは日立製との興味深いレポート【Seagate】

Rate

25,000個ものHDDを使用しているオンラインストレージサービスBackblazeが、「What Hard Drive Should I Buy?」(どのHDDをかえばいいの?)という興味深い調査結果を公開しています。

Backblazeが使用しているHDDは、Seagate、Hitachi、Western Digital製が大多数ですが、Toshiba、Samusungも少数ながら使われており、ほとんどのHDDメーカーを網羅しています。どのメーカーのどのモデルのHDDが信頼性が高いかとても興味深いですね。

1年間のエラー率

NewImage

まずは通年のエラー発生率をグラフにしたもの。日立 > Western Digital > Seagate の順に信頼性が高いことが分かります。

3年間の生存率

NewImage

こちらは36ヶ月(3年間)の生存率。こちらでも日立 > Western Digital > Seagate の順になっています。

なんとなく世間の評価でも、信頼性の日立といった印象がありましたが、実際に数字でも裏付けされたことになります。ソースサイトではモデルごとのエラー率も表にしてまとめられているので参照してください。

まとめ

結局どのドライブを買えばよいのかということが気になります。Backblazeでは現在、Seagate Desktop HDD.15 (ST4000DM000)という4TB HDDを好んで使っていて、他にWestern Digital 3TB Red (WD30EFRX)もお好みのようです。

Western Digital Green 3TBドライブとSeagate LP (low power) 2TBドライブは避けられていて、これはBackblazeの環境ではスピンダウンにともなう振動によりエラーレポートがあっという間に増えてしまうからということ。

個人的に鉄板のWD Green 3TBがダメ扱いなのはちょっとショックでしたが、これは環境の差もあるでしょうね(ということにしておこう)。

日立の技術がWestern Digitalに取り入れられて、信頼性が向上していくことに期待。

スポンサーリンク